心臓から出た言葉たち

人類の救済と地球のアセンション計画「フェニックス・プロジェクト」のための世界中の神々(イエス・キリスト、釈迦、孔子、老子、弥勒菩薩、神道の神々、ゼウス、モーゼ、聖母マリア、ゾロアスター、マイトレーヤー、龍神など)や、地球、、太陽、月を初め高次元宇宙意識、マイケル・ジャクソン、志村けん、いかりや長介など他界した著名人方からの霊言を伝えています。宇宙、生命、愛についての真理を説いた天界からの啓示内容の拡散にご協力下さい。また、プロジェクトへの参画も募っています。Twitterでブログ更新のお知らせをしています

アカシアとスカーフ

アカシアの花が揺れている
窓辺でひとり
君が来るように思う
そんなことはありもしないのに


でも僕は
それを願う
美しき風に乗り
君の笑顔になびく髪
君を愛しがる鳥の声


僕はすすんで
君の手をとる
こちらにと誘う


君はうなずき
スカーフをはらりと取る


美しく黒い髪
瑞々しい笑顔
僕はふいに幸せと悟る
陽の当たる冬の窓辺で


君の力の深さを思う
僕に根を下ろし
心を温める


君に手紙を書く
さなかに





初めて日本人の方からの詩を受け取りました。
美しく心に響きます。

が!
アカシアの花は冬の花じゃないんではないか?
という疑問が。
でもこのまま例によって原文掲載を強行致します。

私は元々詩を読むことが好きですが、この恋する詩人たちのシリーズはどれも(あれだけ散々茶化しながらも)、とても感情豊かで美しく表現されており、個人的には読んでいて飽きません。
何度も読み返しています。

「恋の詩」という時代ではないのかもしれませんが、詩はいつも時の流れをゆっくりにしてくれ、心を穏やかにして日常を忘れさせ、情感を深くしてくれます。
本屋さんで出会うことの出来ない美しい詩を次々に紹介させてくれて、また私自身をも楽しませてくれる様々な時代の詩人の方々に感謝しています。
(これは本音だけど、こんなこと書いてまた応募が増えたらどうしようという不安もアリ)


以後、恋の詩シリーズはブログのみのご紹介になりますのでよろしくです💖


絹井銀竹