心臓から出た言葉たち

人類の救済と地球のアセンション計画「フェニックス・プロジェクト」のための世界中の神々(イエス・キリスト、釈迦、孔子、老子、弥勒菩薩、神道の神々、ゼウス、モーゼ、聖母マリア、ゾロアスター、マイトレーヤー、龍神など)や、地球、、太陽、月を初め高次元宇宙意識、マイケル・ジャクソン、志村けん、いかりや長介など他界した著名人方からの霊言を伝えています。宇宙、生命、愛についての真理を説いた天界からの啓示内容の拡散にご協力下さい。また、プロジェクトへの参画も募っています。Twitterでブログ更新のお知らせをしています

夢の話

気配を感じ、目が覚めた。
窓のカーテンが揺らぎ、部屋の中に月の光を浴びた天使ミカエルが立っていた。

ミカエルは私の手を取り、窓から大きく外へ飛んだ。
夜を越え、宇宙に出て星々を過ぎ、ある星に降りた。
そこは白く明るく全方向に光を放つ星だった。石畳の庭園を抜け、白く大きな石造りの門が天に届いている場所に出た。辺りには丸く厚みのある雲と天使の羽が漂い、温かい空気が満ちていた。ここは愛についての知恵の星だとミカエルが言った。私はその日、無意味な悲しみに負け、泣きながら眠っていた。ミカエルは私を噴水のある広場へと連れて行き、この甘い水を飲むように言った。私が口を潤すと、もう一度味わって飲むようにと言った。私はもう一度飲んだ。水には振動があった。私には甘い水が足りないのだとミカエルが言った。そして笑い、また私を天高くへ運んだ。


次の星は、全体がクリスタルで出来ていた。虹色に輝く透明なクラスターの連なり。大小のオベリスクのような突起状がどこまでも続き、光が眩しく眼を射った。
この星は豊かさについての知恵を示しているとミカエルが言った。クリスタルはその象徴そのものであると。
そこはエッセンスの桃源郷、純粋な、輝く粒の舞うホログラムだった。川が流れていた。水は清らかで、星全体が浄化された後の粒子を空間に揮発させていた。
豊かさはピュアなものの中に存在しているのか、と私は聞いてみた。ミカエルは穏やかに私を数秒見つめた。そしてまた私の手を取り、高く舞い上がった。


三番目の星は地球のどこかに似ていた。天の裂け目から大きな滝が流れ落ち、水は限りない豊かさの気を放ち、見たことのない木々が立ち並んでいた。山でも渓谷でもなく、球体を感じさせる密度の濃い空気に包まれていた。そこはパノラマであり、スクリーンであり、バーチャル的で同時に触感的であった。様々な種類の岩石が滑らかに点在し、それぞれが異なる色に発光していた。
ここは希望についてのヴィジョンが顕現されている、とミカエルが言った。私はただ無限を感じた。とめどない無限の神髄が渦巻いていた。大地は足元から私の体を貫くように恵みをもたらし、それは全身から溢れ出した。それを見たミカエルが、倒れないように私を支えた。


窓の閉じる音がした。
私は起き上がり、夜が明け始めているのを見た。
自分が眠っていたかどうかもわからなかった。
窓の下に一枚、白い羽が落ちていた。




ツイッターも始めました。覗いてみてください。
https://twitter.com/heartblog1120/status/1204775169916469250?s=21


絹井 銀竹